長崎県長崎市引越し探検隊!一番安い業者は?見積もりの料金相場はどの位?

長崎で業者の人にものを壊されてしまったら?

2016年10月21日 12時48分

引っ越しをする際、業者の方にお任せで引越しする予定の方は契約時の契約書というのものをよく読む必要があります。どうしてかというと、引越しを行なう業者の方は機械ではありません。生身の人間です。ですから失敗してしまうこともありますし、物を落としてしまうこともあります。どれほどプロフェッショナルであっても何かのはずみで電化製品を落としてしまうことだってありえます。私も一度職場で失敗してしまったのですが、突然に腹痛が起こり、運んでいるお茶をこぼしてしまったことがあります。突如来る腹痛には用心してください。業者の方もそれと同じです。突然に体調をくずすかもしれない、いきなり腰を痛めてしまうかもしれないということが実際にあります。そんな時、手を滑らせた荷物が傷ついてしまったら、引越し会社はどうやって対応するのでしょうか?先ほどの通り契約書の中身をよく覚えておくこと、それは荷物をもし壊された時に何が弁償対象になるのかを区別しておくことが重要ということです。実は運ぶことができない荷物もあります。その荷物の場合はどんな事情があっても弁償はないのです。契約書にサインをしている限り、弁償を期待することはできません。でも、それ以外のもので壊れても弁償を要求できます。3ヶ月以内に連絡を必ずしましょう。連絡の宛先は会社の問合せ窓口でも構いませんが、自分の家に訪問見積もりに来てもらっていたならその時の担当者に連絡するのが一番スムーズだそうです。渡された名刺や契約文書などはしっかりととっておきましょう。